検索
  • DJサチコ

結構ハマってる天邪鬼

ASMRというのをご存知だろうか。

結構前から動画などで話題になってる、聴覚とか視覚で気持ちよくなる奴だ。日本語では自律感覚絶頂反応というものらしい。

咀嚼音とか、紙がカサカサする音とか、粒々のものを握りつぶしたりとか、そういう音を聞いて脳がゾワゾワするのを楽しむもの、と私は認識していたが、生理学的にはどうなのかとか神経科学的にとか、まだ解明されていない部分もある難しいものらしい。


私は正直苦手だ。

もともと音に敏感な方なのか、ヘッドホンやイヤホンの類はあまり音を大きく出来ないし、夜中に部屋の中にGがいることに気づく。アイツらには足音がある。

だから音は日常でも割と気になる方で、静かに過ごす時間が無いとめっちゃ疲れる。


ところで私は最近髪を切った。

今通ってる美容室の美容師さんはとても思い切りの良い人で、私の襟足を躊躇なく刈り落とす。

私のコンプレックスの一つ、襟足の逆毛を躊躇なく。


この襟足の逆毛はショートカットな私にはちょいと厄介なものだ。襟足が浮くし目立つ。

この逆毛について、私には運命を呪うくらいしか対処法がないが、美容師さんには二つの選択肢がある。

一つは襟足を長めに残す。長めだと流石に重力で下に降りる。ちょっと浮くが、まぁ別に変ではない。塩梅を間違えるとヤンキーの子供みたいになる。

もう一つは刈り上げて上から髪の毛を被せる。襟足はスッキリするが失敗するとめっちゃ前衛的な感じになる。

いずれにしても失敗は許されないのがプロの現場だが、無くなってしまうとマジでどうしようもないので私がこれまで出会った美容師さんの多くは前者を選択した。もちろん良い塩梅に切るので私は「ヤンキーの子供みたい」という誹りを受けたことはまだない。

しかし今お世話になっている美容師さんは迷うことなく後者を選択した。


私は情けないことに美容師さんへのオーダーがとてつもなく苦手だ。

そもそも人に何かをお願いするのが下手なので、私の髪をこのようにこうしてあんな感じで切ってくださいなんて伝わった試しがない。

だから大体いつも「しばらく来なくて良いくらいの長さにバッサリいっちゃって下さい」とお伝えしている。

今回も同じようにオーダーしたのだが、大抵の美容師さんが「あー、襟足跳ねやすいんで長めに残しときますね」と言うところを「あー、襟足跳ねやすいんで刈り落としときますね」と言ってきた。


ぶっちゃけ刈り落とすのめっちゃ怖かったので(大丈夫なのか?とかうなじ青くなるの嫌だなとか)止めたくなったが、初対面のお兄さんに後ろを取られながら「それは嫌」という意思表示をするなんて高度なコミュニケーションは無理なので、私が発することが出来たのは

「お兄さん思い切り良いっすね〜」という一言だけだった。

いやしくも喋りというコミュニケーションを生業とする人間の在り方としては甚だ疑問だし、34年も生きてきてその程度のコミュニケーション能力なんて情けなくもある。だがどう足掻こうとこれが私。


その美容室に行くのは2回目となる今回も、私は美容師さんのバリカンを止めることなく襟足をスッキリさせてきたので、今回も襟足からうなじは青々としている。

私は髭が青いと悩む男性にも寄り添える女なのだ。


さて、部屋のGの足音にさえ反応する私が襟足を刈り上げたおかげで得たものがある。

それは意図せず私の耳に入るASMRとでも言おうか。

襟足のチョリチョリ音だ。

私のパジャマが擦れると時々放たれるザリっという音。

ちょっと伸びてきてあまりしなくなってきたので安心しているが、切り立てホヤホヤの時はとても気になった。

でも無くなるとそれはそれで淋しい気がして、手で襟足を撫でてチョリチョリ言わしたりしている。


果たして、3回目に行った時私は彼のバリカンを止めることが出来るのだろうか。

最新記事

すべて表示

めいそうのはなし

最近また走り始めている。 週に1〜3回程度、8キロくらいのジョギング。 本当はそろそろ10キロくらい走りたいが、8キロくらいで私の集中力が途切れる。 私は走るのが好きではない。 子供の頃なんて喘息待ちで走るのは苦痛でしかなかったし、鈍足のため得意という感覚もないので、走るのは割に合わないとさえ思っている。 しかし、大学生の頃から時々走っている。 好きでもなく得意でもなく、むしろ割に合わないと思って

だから今夜はブリの照り焼き

もし自分の人生を擬態語で表現しなさいと言われたら、あなたはどんな擬態語を使うだろうか。 ワクワク、キラキラ、ぐちゃぐちゃ、どんより。 擬態語はたくさんあろうが、私が選ぶなら「うっかり」である。 とにかくうっかりしている。子供の頃から忘れ物が多く、忘れまいと玄関に準備したものを忘れたり、ちゃんと持って出たのに「あ、火止めたっけ」と思って確認しに家に入って結局忘れたり。 先日は財布を忘れたまま仕事に行

ビジネスマナーのサイトがトップに来ます

ミックスナッツを食べる時、いつも気になっているものがある。 塩味でカリッとした食感、他のナッツとは一線を画した「明らかに揚げている」何か。 「あれって何なの?」と夫に問うと、「知らない。でも一番好き」と言う答え。こういう細かいところの好みが合うことは、夫婦円満の秘訣になり得るのか。 それは我々夫婦の様子をあと10年くらい具に観察すれば結果がわかるかも知れない。 いい歳した大人が2人、よく分からない