検索
  • DJサチコ

ビジネスマナーのサイトがトップに来ます

ミックスナッツを食べる時、いつも気になっているものがある。

塩味でカリッとした食感、他のナッツとは一線を画した「明らかに揚げている」何か。


「あれって何なの?」と夫に問うと、「知らない。でも一番好き」と言う答え。こういう細かいところの好みが合うことは、夫婦円満の秘訣になり得るのか。

それは我々夫婦の様子をあと10年くらい具に観察すれば結果がわかるかも知れない。


いい歳した大人が2人、よく分からないものを美味い美味いと口にしているわけだから、

我ら二人の食品リテラシーはお世辞にも高いとは言えない。

しかしまぁそこそこの人生経験を経て、若輩者とは言え人としてはもう若手と名乗るのはちょいと厳しくなってきているくらいの私だ。

多分、あの味といい雰囲気といい、とうもろこし的な何かだろうと予想はつく。

ネットで調べてみた。


とうもろこしだった。


ジャイアントコーンと言うらしい。

とうもろこしの品種の一つで、日本では揚げたりポン菓子にしたりして食べている。

ジャイアントコーンと言えばどちらかと言えばアイスを想像しそうなものだが、この2つに特に関連性は無さそうだ。

強いて言うならアイスの上のチョコレートにはナッツがふりかけてあるので、共通の友人としてナッツが居る、みたいな感じだろうか。

アイスのジャイアントコーンが登場したのが1978年。

それまでは「グリコーン」とか「ジャイアンツコーン」とか、違う名前で前身となるものが売り出されていたようだ。

グリコーン時代には高価すぎて売れず、ジャイアントコーンになってからは自主回収まで起こったりと意外と苦労している「ジャイアントコーン」。


同じ名前のものがこの世に二つある、というのは、今の時代は不利かもしれない。

ジャイアントコーンが売り出された1978年にはどうでも良かったかもしれないが、現在は検索した時どちらが上位に来るかがモノを言う時代だ。

私が「ミックスナッツ 揚げたやつ」で検索してアレが「ジャイアントコーン」だったことが判明したわけだが、「ジャイアントコーンってつまり何なんだよ」と検索してアイスととうもろこし二つが並んだら、そりゃ「アイス食いてぇ」となるわけで。

ここで夫に「ジャイアントコーン買ってきて」と頼んでミックスナッツでも買ってこられようものなら激おこプンプン丸なわけで。

つまりジャイアントコーン(とうもろこし)は一回ビジネスチャンスを失っているのだ。


そういう熾烈な闘いがネット上で毎日繰り返されている。

よほど自分の打ち出すものに自信が無い限り、他と被らない名前をつけるのが現代のネットリテラシー高めの人間の嗜みである。


ちなみに、私が作っているポッドキャストは「夜分遅くに失礼します」というタイトルだが、

密かに「もっと名前を捻ればよかった」と後悔していないわけでもないのであるからして。

最新記事

すべて表示

結構ハマってる天邪鬼

ASMRというのをご存知だろうか。 結構前から動画などで話題になってる、聴覚とか視覚で気持ちよくなる奴だ。日本語では自律感覚絶頂反応というものらしい。 咀嚼音とか、紙がカサカサする音とか、粒々のものを握りつぶしたりとか、そういう音を聞いて脳がゾワゾワするのを楽しむもの、と私は認識していたが、生理学的にはどうなのかとか神経科学的にとか、まだ解明されていない部分もある難しいものらしい。 私は正直苦手だ

めいそうのはなし

最近また走り始めている。 週に1〜3回程度、8キロくらいのジョギング。 本当はそろそろ10キロくらい走りたいが、8キロくらいで私の集中力が途切れる。 私は走るのが好きではない。 子供の頃なんて喘息待ちで走るのは苦痛でしかなかったし、鈍足のため得意という感覚もないので、走るのは割に合わないとさえ思っている。 しかし、大学生の頃から時々走っている。 好きでもなく得意でもなく、むしろ割に合わないと思って

だから今夜はブリの照り焼き

もし自分の人生を擬態語で表現しなさいと言われたら、あなたはどんな擬態語を使うだろうか。 ワクワク、キラキラ、ぐちゃぐちゃ、どんより。 擬態語はたくさんあろうが、私が選ぶなら「うっかり」である。 とにかくうっかりしている。子供の頃から忘れ物が多く、忘れまいと玄関に準備したものを忘れたり、ちゃんと持って出たのに「あ、火止めたっけ」と思って確認しに家に入って結局忘れたり。 先日は財布を忘れたまま仕事に行